チェロ

チェロの弦を5種類レビュー。1番のおすすめはコレ!【徹底比較】

チェロのアイキャッチ画像
読者
読者
チェロの弦って何を張ったらいいのかな?実際に使った人の感想が知りたい。
筆者
筆者
これまでに試した中でおすすめの弦をランキング形式で紹介します!

私は中学のときにチェロを始め、社会人になった今では都内のオーケストラで首席奏者を務めています。

チェロの初心者から上級者まで、共通の悩みが「どの弦を使うのがいいのか」ということ。自分ですべて試せればいいですが、チェロの弦は値段が高いので何種類も試すのは大変ですよね…

そこで今回は、私がこれまでに試したチェロの弦5種類を徹底的にレビューしてみたいと思います!

チェロの弦で有名なものは抑えてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは弦の種類を理解しよう!

チェロの弦の種類チェロの弦レビューに入る前に、まずはぜひ抑えておきたい「弦の種類」について解説します。

すでにご存知かもしれませんが、バイオリンの弦は芯材の違いによって3つに分けられます。

スチール弦…金属の線
ナイロン弦…合成繊維の線
ガット弦…羊の腸から作られた線

それぞれ特徴を持っているので、もう少し詳しく解説します。

スチール弦

その名の通り、弦の芯に金属の素材が用いられている作りです。

スチール弦の特徴は、音量が大きくチューニングが安定しやすいこと。実際に張ってみるとわかりますが、ナイロン弦やガット弦よりもずっと早く安定します。

初心者の方でも使いやすいスチール弦ですが、音色は少し硬いかなという印象です。表現力の幅を求めるのなら、ナイロン弦やガット弦の方がいいでしょう。

ナイロン弦

ナイロン弦は最もポピュラーな種類で、音色はスチール弦よりも柔らかく、ガット弦に近い音色の深みもあります。

チューニングはスチール弦ほどではないものの数日で安定するので、演奏経験が浅い方でも問題なく使えると思います。

個人的には総合的に見て1番おすすめの種類です。

ガット弦

ガット弦は羊の腸から取り出した繊維を用いたもので、極めて柔らかく深い音色が魅力です。

純粋に音色を追求するならガット弦が1番ですが、大きな欠点してはチューニングが安定しないこと

私が試したときは張ってから1ヵ月経っても不安定で、温度・湿度に大きく左右されてしまいました。オーケストラの本番中にもずれやすいので結構困ります。

それでもガット弦にしか出せない特別な音色のために、愛用している奏者も多いです。

【決定版】チェロ弦 おすすめランキングTOP5!

評価の基準

ランキングを作成するにあたり、まずは「音色」「弾きやすさ」「チューニングの安定性」の3つを重視し評価しています。その上で「弦の寿命」「価格」も考慮しました。

第1位 エヴァピラッツィ


100/100点

私が最もおすすめする弦はピラストロ社から出ている「エヴァピラッツィ」です。その魅力は何といっても、華やかで輝かしい音色。

オーケストラ・室内楽などいかなる場面でも、明るい音色が簡単に出せて重宝します。深みのある音も表現できるので、旋律では独壇場となるでしょう。

これほど「ブリリアント」という言葉が似合う弦はありません。

チューニングも比較的早く安定するので使いやすいですね。値段は少し高いですが、エヴァピラッツィにしか出せない音がありますよ。

弦の種類 ナイロン弦
特徴 明るく輝かしい音、安定するのが早い、寿命が長い
評価

第2位 スピロコア


85/100点

トマスティック・インフェルド社の「スピロコア」は、チェロの弦では定番の1つ。芯材はスチール弦ですが、音色も柔らかく表現の幅も広いです。

またスチール弦の魅力である音量の大きさも十分あります。オーケストラの強奏部分など、ここぞという場面で大きな音が出せるのは助かりますね。

そしてチューニングの安定も抜群に早いです。スピロコアならチェロ初心者でも安心して使えるでしょう。

コスパで選ぶならスピロコアがおすすめです。

弦の種類 スチール弦
特徴 比較的柔らかい音色、大きな音量が出せる、最も早く安定する
評価

第3位 ラーセン


80/100点

チェロの弦では「ラーセン」も定番で、特にA線はラーセンが1番という人も多いです。かく言う私も、A線はラーセンにしてCDG線をエヴァピラッツィにすることがほとんどです。

そんなラーセンの特徴は張りのある伸びやかな音色。高音はホールの隅まで届くかのようで、音色も柔らかく素晴らしいです。

また音の線が太いので、CDG線をエヴァピラッツィにしても違和感がありません。ラーセンは弾いていて気持ちがいいですよ。

弦の種類 スチール弦
特徴 張りのある伸びやかな音色、A線が特におすすめ
評価

第4位 ヤーガー


70/100点

ヤーガー」はチェロ初心者から上級者まで多くの奏者が使っている定番弦。スチール弦らしい硬くて透明感のある音が特徴です。

ただ音色はもう少し深みが欲しいところ。音の線も細く、大事なところで物足りないと感じることも少なくありません。

それでもチューニングの安定性はトップクラス。値段もお手頃ですし、チェロ初心者の方はまずヤーガーを試してみてもいいでしょう。

弦の種類 スチール弦
特徴 硬くて透明感のある音、音の線は細め、安定性は抜群
評価

第5位 オリーブ


65/100点

ガット弦の王様である「オリーブ」は、圧倒的に輝かしい音色が魅力。音色だけで言えば、間違いなく1位です。

ガット弦の美味しい部分を凝縮したような音で、音の張り・柔らかさ・音量・深みなど完璧。オリーブの音を知ってしまうと、他の弦に戻れなくなる可能性すらあるでしょう。

そんなオリーブの大きな欠点は、チューニングが安定しないこと。ガット弦特有の安定性の低さが顕著で、弦を張ってから1ヵ月は不安定です。

演奏会本番でチューニングがずれると困るので、余裕を持って3ヵ月前くらいに張り替えるのがおすすめです。

弦の種類 ガット弦
特徴 張りのある輝かしい音色、チューニングは不安定
評価

1番のおすすめチェロ弦はエヴァピラッツィ

以上、私がこれまでに試したチェロの弦を5種類紹介しました。

1番のおすすめはやはりエヴァピラッツィ。まだ使ったことのない方は、ぜひ試してみてください。

また自分の好みに合わせて、弦を選ぶのも良いでしょう。どれにするか悩んだら、次の3つから選べば失敗しません。

総合的に1番の弦がいい→「エヴァピラッツィ
最上級の音色で演奏したい→「オリーブ
初心者でも安心して使える弦がいい→「スピロコア

エヴァピラッツィは少し値段が高いものの、弦としての価値は値段以上です。音色・弾きやすさは申し分なく、オーケストラ・室内楽のいずれの場面でも重宝します。

この機会に、あなたの演奏をレベルアップさせてみてください。

チェロの弦を探す

東京都内のおすすめヴィオラ教室ランキング♪
ヴィオラ教室

当サイトではヴィオラ演奏経験15年の編集員が、おすすめのヴィオラ教室をランキング形式で紹介しています。
また各ヴィオラ教室の詳細ページでは、料金体系や講師の質なども詳しく解説していますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

ヴィオラ教室ランキングへ